Tシャツの歴史

歴史についてもっと知りたい

Tシャツは部屋着としても外出着としてもカジュアルに着ることのできるファッションとして人気があります。 Tシャツの始まりはアメリカ海軍のアンダーウエアだといわれています。 汗を吸って軽く、快適なTシャツは軍隊の公式の肌着に採用されます。 そして軍人が持ち帰った肌着をアウターとして着こなしたものが労働者へと広がっていきます。 ハリウッドスターやロックスターが着たことでTシャツは反抗の象徴ともいえる存在になり、若者たちに絶大な支持を受けます。 簡単にプリントができるTシャツは企業のロゴを入れた宣伝にも使われるようになります。 様々なブランドが独自のデザインでプリントを施し、Tシャツはなくてはならないファッションになりました。

どんな場所で活躍していくのだろうか

Tシャツにはアートとしての役割もあります。 アーティストがオリジナルのデザインやメッセージをプリントすることで主張や表現ができます。 プリント技術の発達によって誰でも自由にオリジナルTシャツを作れるようになり、今後はより多くの人がアートとしてのTシャツを作ることが予想されます。 また、プリントが普及して安価で行えるようになったので、同じ趣味を持つ人たちや仲間内で同じデザインのTシャツを作って着ることも増えるでしょう。 ユニフォームとして使われ連帯感を高める役割を担っていくと考えられます。 ビジネスとしては今後さらにノベルティグッズや記念品として配布するために使うことが考えられます。 企業のロゴを入れたり、社員がイベントで着用することなどでPR効果が期待できます。