色々な素材 | 激安で買うことができるサッカーユニフォームの注意点

色々な素材

生成りやベージュ系の糸を準備しましょう。

パッチワーク糸は柔らかく、キルト糸はロウ引きされているのが一般的です。パッチワークで使う糸は、手縫い糸で30番くらいの太さのものが使いやすいです。木綿糸よりは、丈夫なポリエステル糸を選んだ方がいいです。 初心者の頃は、手持ちの糸で始めるのもいいかもしれません。けれども、本格的にやるならば、やはり専用のパッチワーク糸を購入しましょう。 パッチワーク教室に通ったり、キットを購入したりすると、作品ごとに違う色のパッチワーク糸を使うようになるかもしれません。しかし、パッチワークをする時は、布をつなぎ合わせるだけなので表に糸が出ることはほとんどありません。パッチワーク糸に関しては、1色あれば十分です。 おすすめは、生成りかベージュ系のパッチワーク糸です。どんな色味の布でも気にならずに縫えます。

パッチワーク糸は200円前後から購入できます。

パッチワーク糸は、ネットショップなどでも販売されています。大手全国チェーンの手芸店でも定価より割安で購入できます。 パッチワーク糸はキルト糸よりは安く、200円前後から販売されているようです。たくさん使う色の糸は太巻きやまとめ買いをすればお得です。 それから、いろいろな色のパッチワーク糸がセットになっている製品も、個別に買うよりは安く購入できます。 ただ、パッチワーク糸はどの糸がダメという決まりは特にありません。自分が使いやすい糸でパッチワークするのが一番です。木綿糸でもミシン糸でもいいんですよ。元々パッチワークは、古着や古布をほどいて小さく切ってつなぎ合わせたのが始まりです。形から入る必要は全然なく、自分の好きなように始めていいのです。